トイレの水漏れが起こったらリフォームを考えてみましょう

トイレの水漏れが起こり、プロの業者にお願いして修理しようとしたとき、もし長い間使い続けているのなら、トイレの交換を検討してみるのも良いでしょう。修理して直したとしても、あらゆるパーツが劣化している可能性があります。そうすると、修理した場所以外のところから水漏れが起こってしまうこともあります。

■トイレをリフォームするときの注意点

トイレの交換をするとき、周りの壁、床などを全て含めてリフォームすることを考えてみると良いでしょう。トイレは水回りなので、水漏れが起こった場所によっては床を張り替えた方がよいことがあります。
そのためには、信頼できるリフォーム業者を選び、どこまで交換した方が良いのか相談すると良いでしょう。必ず見積もりを出してもらい、勝手に追加作業などをされないように気をつけましょう。

■インターネットなどで購入する

トイレをインターネットで購入するという方法があります。有名メーカーの便利な機能の付いたトイレを通常より安く手に入れることができます。
しかしこのとき、購入予定のトイレが自宅に設置可能かどうかを確認しなければなりません。そして購入後自分で取り付けることができるのかは大きな問題です。ほんの少しずれてしまったり、閉め方が緩いところがあると、すぐに水漏れしてしまいます。

■まとめ
トイレの交換するとき、周囲も全てリフォームしてしまうと、一度で全てが終わるので安くなることもあります。安価なトイレを購入しても、結局プロの業者に工事をお願いして高くなってしまうこともあるので、十分検討してから交換を行うべきです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ