トイレの蛇口が水漏れした時の対処法

トイレの水漏れでよく起こりやすいのが手洗いの蛇口部分のトラブルです。最も多いのが水が止まらなくなってしまい、流れ続けてしまうというものです。流れが強いと、水があふれ出してしまわないかと心配になりますが、簡単に止まる場合もあるので焦りは禁物です。

■まず最初にトイレタンク内の玉鎖を確認

便器洗浄のレバーハンドルにつながっている玉鎖が思いきりハンドルを引いてしまったりすることで、外れてしまうことがあります。その鎖が排水する弁に詰まってしまうと、弁が開いたままになってしまい蛇口から水が流れ続けてしまいます。
詰まっている鎖をはずして元に戻せば直ります。玉鎖が正常な場合は、トイレタンクの中の状態を確認しなければなりません。そのためには一度レバーハンドルをひねってタンク内の水を全て空にします。

■タンク内の玉鎖を調製するときの注意点

玉鎖の調製をする場合、大側と小側を間違わないように気をつけましょう。樹皮製の玉鎖の場合とステンレス製の玉鎖の場合があり、それぞれ少し調製の仕方が違います。
樹皮製が使用されている場合は玉鎖を5から6玉余らせるようにします。ステンレス製の場合は3つぐらい余らせます。ふたを締めて洗浄確認を行い、水漏れが起こっていないか確認します。

■まとめ
最近ではトイレが綺麗だと気分が良いことから、DIYなどでおしゃれな蛇口を自分で作る人もいます。しかし、DIYが得意でない人や、自分で思い通りにいかなかったりすることもあります。そのときは思いきっておしゃれな蛇口がついたトイレの交換も検討すると良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ